悪い習慣をなおそう!!ぽっこりお腹の原因はココにあった

悪い習慣をなおそう!!ぽっこりお腹の原因はココにあった

体のリズムとタイミングを合わせて

何をしても下腹だけ凹まないのには原因があり、ぺたんこにするには、食べ方や運動など、何をするのかではなく、いつするかが大事ですよ。夜たくさん食べると太ることは経験上知っているという人も多いですが、体内で栄養素を消化吸収する働きにはリズムがあって、1日でどう変化しているのかまでわかってきています。そのため、脂肪が燃えにくい時間帯には糖質や資質を控え、脂肪が燃えやすい時間帯には筋トレをするなど、体のリズムに合わせた生活を送れば、体脂肪がつきにくく、ぽっこり下腹対策の効率も高められるでしょう。まずは、自分の朝と夜の習慣をチェックし、下腹ぽっこりを招く要素がないかチェックしてみるといいですよ。

ついついやってしまう悪習慣を見直し

朝ごはんを食べるとスイッチが入り、活動モードに切り替わりますが、お腹がすいていない朝は、飲み物だけという習慣の人はいませんか。1食目が昼になると体はそこが朝だと勘違いし、エネルギー代謝が高まる時間がずれ込み、脂肪をためこみやすくなるので気を付けましょう。食事はある程度分割して食べたほうが太りにくいですよ。また、朝のうちに甘いものを食べるという習慣もNGです。朝から昼にかけては、糖質を吸収効率が高まっているので中性脂肪をどんどん取り込む上、血糖値が急激に下がり空腹感が生まれて、間食にはしりやすくなるので注意しましょう。そして、夜の習慣として、翌日休みで朝寝坊できる日は夜更かしをしがちだという人は注意が必要です。たった1日寝る時間がずれ込むだけで若い人で翌週1週間、40代以上でもっと長期にわたって体内時計が乱れるので気を付けましょう。

品川美容外科の2chについて調べる

~~||~~Comments Are Closed~~||~~

@ 2017 Best Anti-Aging Tips